コラム AWAKES COLUMN

私が嬉しいAWAKESスタッフルームの会話って?

2021/10/11

こんにちは!

大阪市西区北堀江、心斎橋駅・四ツ橋駅近くにあるパーソナルトレーニング、ファンクショナルトレーニング特化型のコンディショニングジムAWAKES(アウェイクス)のトレーナー鈴木です。

 

今回はスタッフの休憩室での会話をコラムに書きたいと思います。

 

私がパーソナルトレーニングを終えてスタッフルームに戻ると、スタッフ皆が一斉に話しかけてきます。(様々な確認事項、報告や相談です。後ろに列をつくって待っている事もよくあります。。)

 

そんな中で、ふと一息ついて食事をしていると、周りでも色々な会話が聞こえてきます。

細かな筋肉の名称、栄養、脳神経、トレーニングについて、お客様の様々な身体の状態を相談したり、トレーナー同士で共有している声が聞こえてきます。

私がこれまで働いてきたジムの中で、これだけ細かい会話内容をスタッフ同士でしていたこともなく、さらに若手トレーナーからもそのような会話が発せられている状況に驚いています。

私は、以前勤めていた会社で、

「このような細かい会話をスタッフルームの中でもっと出来たら嬉しいな、いつかこのような会話を当たり前にできる環境で働いてみたいな」

と数年前に考えていたことを思い出し、ふとその状況に今自分が置かれている事に気づきました。

 

こんな会話をしよう!と意図して生まれた状況ではなく、あくまでもお客様の身体を良くしたい!改善したい!と皆が考えて発せられている(当たり前のことですが)この状態は、いつか私が望んでいた環境です。

動作改善というコンディショニングするという事で、痛みが軽減するという事や、筋肉のアウトプット(動作)だけでなく、インプット(脳に入ってきている情報)を良くするという概念はまだまだ広がりきっていません。

私達AWAKESは一人でもこのようなトレーナーが増やしていく事も、会社の理念としてあります。

 

より良いものをトレーナーの先輩方から学んでいき、そしてそれを知識として知っているだけでなく、実際に提供していけるジムを目指していきます!

 

それではまた!

 

 

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.