コラム AWAKES COLUMN

スイッチが繋がる強度で…

2020/11/26

こんにちは。

大阪市西区北堀江にあるボディコンディショニングジムAWAKES(アウェイクス)のトレーナー井ノ下です。

 

先日、石原トレーナーがコラムで神経について書いておりましたが、本日は私も神経について書かせていただきたいと思います。

*石原トレーナーコラム:https://www.awakes.jp/blog/4507/

 

コラムのテーマは、「スイッチが繋がる強度で…」です。

 

神経の問題で、身体に不調が生じている/できない動きがあるものに関しては、神経が活動する適切な強度で刺激を入れることで、一瞬で改善します。

 

例えば、片足立ちをした時にふらつきがありキープできなかった方が、神経へのアプローチをすると一瞬でできるようになる。というようなイメージです。トレーナーとして、効果を狙ってアプローチをしているのですが、本当にびっくりしてしまうぐらい変化(効果)が出る時があります。

 

私達もセミナーで学ばせていただいたのですが、神経へのアプローチには強度が非常にポイントとなります。

弱い強度であれば、100回行っても改善されませんが、適切な強度であれば、1回で改善するというようなイメージです。

 

長年悩まれているお身体の不調が、神経の要因のものであれば、適切なアプローチ内容と強度で一瞬で改善するかもしれません!

 

何か、お身体でお悩みのことがある際は、AWAKESまでお問い合わせください。

お待ちしております。

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.