コラム AWAKES COLUMN

正しい柔軟性

2018/11/25

こんにちは!

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるパーソナルトレーニング、ファンクショナルトレーニング特化型コンディショニングジムAWAKES(アウェイクス)の鈴木です。

今回は「正しい柔軟性」をテーマにします。

生活している中で
身体が硬いと思う瞬間があったり、私は柔らかいなと自覚があったり
人それぞれ感じるところがあるのではないでしょうか?

これまでのブログでも「目的を達成」する上で柔軟性や可動域について書いていますが、柔軟性や可動域は非常に大切です。

引き締めたい!健康でいたい!スポーツパフォーマンスを上げたい!カッコいい身体を作りたい!
肩こり・腰痛を解消したい!姿勢をお綺麗にしたいなど、他にも様々な目的があります。

実は柔軟性と共に密接に関わってくるのが、「筋力トレーニング」といわれています。

「柔らかいと良い!」という認識は誰もがあると思いますが、実はその可動域に対して
適切に筋肉に出力があり、「筋発揮」できなければ意味がありません

すなわちどれだけ柔らかくても
実用性
がなくなってしまうのです。

可動域が広がっても「MOTOR CONTROL」神経パターンを構築したり、筋力発揮ができないと
もしかしたら筋肉が伸ばされすぎてしまう、、というリスクが伴ってきます。

それらは
自分の体重を支える、重りを持つ、などをしながら様々な立体的な動きの中で鍛える事が必要になってきます。

今回は柔軟性のある方、これから柔らかくなりたいと思っている方に
ストレッチだけではなく、動いていくトレーニングも必要だなと感じて頂ければ幸いです。

きっとそうする事で目的に対してより早く近づたり、生活しやすい疲れにくい身体が手に入るのではないでしょうか。

皆様のなりたい身体を私たちは応援します。

参考文献:
NASM-PES

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.