コラム AWAKES COLUMN

~食事編〜

2021/11/23

こんにちは!

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるパーソナルトレーニング、ファンクショナルトレーニング特化型のコンディショニングジムAWAKESの中原花音です。

この一週間のブログでは、自律神経を整えるための「夜の習慣」について紹介してきました。

リラックスし睡眠の質をあげるために音楽をきくことや、ブルーライトをカットすること、呼吸をしっかり行うこと、お風呂に浸かること、寝具を整えることなどいろいろ紹介させて頂きました。

今回は、ラスト「食事」について紹介します。

皆さんは、夜の食事は就寝する何時間前までに摂取するようにしていますか?

一般的には、食事は就寝する23時間前にとっておく方が良いと言われています。

これは、食事を取った後に、胃や腸が働いて消化・吸収を行っているからです。

23時間を目安に、消化・吸収を終えるため、その後に就寝することで、睡眠の質の低下を防ぎやすくなります。

どうしても遅くなってしまう場合は、消化のいい食べ物を選んで食べるようにしましょう。

また、

「遅くなってしまったから、お腹は空いているけどご飯を食べるのをやめておこう」

と考えたことはありませんか?

無理に食べる必要はありませんが、この場合だと睡眠中の低血糖を引き起こす可能性が考えられます。

低血糖の状態だと、夜中に何度か目が覚めたり、寝起きがしんどかったりします。

つまり、睡眠の質を下げてしまうひとつの原因です。

こんな時にオススメなのが「ハチミツ」です。

ハチミツは、血糖値を緩やかに上昇させてくれるので、睡眠中の低血糖を防ぐことができます。

また、殺菌効果のあるハチミツだと虫歯予防にもなるので、夜に摂取するには特にオススメです。

ハチミツだけでなく、MCTオイルとイヌリンも一緒に摂取すると、血糖値を維持し、腸内環境を整えることにも繋がるのでより効果的です。

これは、先輩トレーナーの犬伏から教えてもらったのですが

紅茶にハチミツとイヌリンとMCTオイルを入れて飲むと、 身体も暖まるし、一度で摂取できるのでオススメです!

また、ハチミツとイヌリンで結構甘くなるので、甘いものが欲しくなる方にも是非良いのではないかと思います。

夜の食事に関しては、「タイミング」と「食べる物」が自律神経を整えるキーポイントになると思うので、もし、食事と睡眠のバランスで困っている方は、本日のブログを参考に一度試してみてはいかがでしょうか?

さらに詳しい内容をという方は、

AWAKESチャンネル

https://youtube.com/channel/UCx7TAVNQAe-k4-wOgEbg8Aw

もしくは画像付きで知りたいという方は

AWAKESInstagram

https://www.instagram.com/awakes.horie

でも同じような内容を紹介しているので、是非ご覧ください!

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.