コラム AWAKES COLUMN

大谷翔平選手の目標への道のり

2021/06/10

 

こんにちは!

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるコンディショニング、ファンクショナルトレーニング特化型のパーソナルジムAWAKESの田中です。

世界中でいろんなことが起こり毎日新しい情報が流れてくる日常で、明るいニュースを見つけました。

メジャーリーグ球団エルゼルスの大谷翔平選手が、6/9のエンゼルス対ロイヤルズ戦で自己最長の143mの特大ホームランを打ったそうです。

大谷選手といえば二刀流として有名で、野球好きな方はもちろん、野球にそこまで関心が無い方も名前は知っているというくらいの日本が誇るトップアスリートですね。

さらに調査によると、現時点でメジャーリーグにはシーズン7本塁打の選手が8人います。

この7本塁打のうち400フィート(約121.9m)未満のホームランがないのは大谷選手だけで、しかも平均距離も大谷選手の425.7フィート(約129.8m)がトップなのだそうです。

パワーや体格ではどうしても欧米の選手が有利とされてきていましたが、こうしてみると大谷選手のすごさがわかります。

 

そんな大谷選手のことを調べていると、

大谷翔平 マンダラチャートと出てきました。

みなさんはご存知でしたか?

マンダラチャートとは目標達成シートといって、大元となる目標を明確にしそれを達成するための具体的な項目を可視化したフレームワークのことです。

大谷選手が高校一年の時、花巻東高校時代の佐々木監督からの教えによりこのシートを作成したそうです。

自分の夢や強い目標を中心に書き、その周囲9×9の合計81マスに目標に対して必要な要素を細分化し叶えたいことへの道のりを確立していったのだそうです。

文字で書くとわかりにくいので、実際に大谷選手が書いていた内容のマンダラチャートがこちらです。

こうしてみると、最終目標から細分化された一つ一つの目標に対し、細かい部分までの要素が加えられることによって自分が何をしたらいいのかという道のりが明確にわかりますよね。

さらに書いただけで終わらせず、きちんと一つ一つを叶えてきた大谷選手だからこそ、現在のような活躍があるのだと思います。

しかしこれはトップアスリートだから必要というわけではなく、私たちの日常生活にも十分取り入れられるかと思います。

さらに目標は立てることも大切ですが、そのために自分が何をするべきで、実際に行動できているのかというのが最も大切なのではないかと大谷選手を見て感じています。

AWAKESでは一人でも多くの人を健康にするという目標がありますが、スタッフ一人一人がその目標に役立てるよう、実際に何ができるのか?と考えるようにしています。

そんなAWAKESを少しでも多くの方に知ってもらえるよう、SNSも発信しています。

ご興味のある方は是非ご覧ください!

AWAKESチャンネル

https://youtube.com/channel/UCx7TAVNQAe-k4-wOgEbg8Aw

AWAKESInstagram

https://www.instagram.com/awakes.horie

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.