コラム AWAKES COLUMN

簡単なことからスタート

2021/01/25

こんにちは!

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるコンディショニング、ファンクショナルトレーニング特化型のパーソナルジムAWAKESの中原です。

いきなりですが、皆さんは、「自律神経」という言葉を耳にしたことはありませんか?

最近ではよく耳にするのではないでしょうか?

ご存知の方も多いとは思いますが、自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」のことを言います。

それぞれの特徴を簡単にいうと、交感神経とは「 緊張状態」、副交感神経とは「リラックス状態」です。

健康状態を保つためには、この、交感神経と副交感神経のバランスが非常に大切です。

バランスが崩れてくると様々な不調が起こり、それが悪化すると病気になってしまうこともあります。

例えば、

睡眠の質の低下

胃腸の状態が悪い

集中力ややる気の低下

体重が落ちない

筋肉量が増えない

など、これ以外にも数多くの不調があります。

現代人では、様々なストレスや環境により、交感神経が非常に優位な状態にあるケースが多いです。

そのため常に緊張状態にあり、なかなかリラックスでないことが、肩こりや腰痛などの痛みに繋がることもあります。

これを改善するためには、副交感神経の働きを活性させる必要があります。

今回は、この副交感神経を活性させるための簡単な方法を紹介します。

一般的には自律神経を整えるために、運動をしたり、正しい食事を摂取したり、日光に当たったりすることが大切と言われています。

これを踏まえた上で、今回は、「副交感神経の活性」ということを紹介します。

そのため、自律神経を整えるために、運動したりすることは、積極的に取り組んで頂きたいです。

「副交感神経の活性」については、「迷走神経」という脳神経の働きを利用します。

「迷走神経」を活性するためには、

お腹を暖める

ことが非常に効果的です。

お腹を暖めるために、冷たい飲み物から常温に変えたり、腹巻きをしたりすると、迷走神経が活性され、副交感神経の働きが優位になりやすいです。

時間もかからずに簡単にできることなので、是非皆さんにも試して頂きたいです。

ベストは、運動を始めたり、正しい食事を摂ったりすることですが、すぐに取り組めない方もいらっしゃると思います。

お腹を暖めることはすぐにできると思いませんか?

何かお身体で不調を感じられている方は(特にリラックスできない、常に緊張状態にある方)、まずは、お腹を暖めることから始めてみてはいかがでしょうか?

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.