コラム AWAKES COLUMN

冬場の視線

2019/12/01

こんにちは!

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるパーソナルトレーニング、ファンクショナルトレーニング特化型のコンディショニングジムAWAKES(アウェイクス)の飯塚 裕希です。

秋の紅葉も見頃を過ぎようとしていますが、皆さんは散策に出かけられましたか?

季節の変わり目を感じないぐらい忙しい日々が過ぎて行きますが、ふと立ち止まって、その時期にしか見られない景色を楽しむのも大切ですね。

さて、来年はいよいよ東京オリンピックです!

様々なスポーツで、オリンピック内定選手が決まる中で、女子レスリングの伊調馨選手の前人未到の5連覇の可能性が、全日本選手権に出場しないことで無くなったとニュースがありました。

悲しい気持ちではありますが、日本の誇りを胸に頑張る選手達を応援したいと思います!

さて、この時期になると仕事が忙しい方も多いかと思いますが、皆さん、首肩こりはありませんか?

それは仕事の忙しさから疲れが溜まるのももちろんのことですが、厚着をすることで首肩に負担がかかったり、寒さで背中が丸くなる姿勢からくる場合もあります。

今回はその姿勢にも関係することですが、

視線の意識を少ししてみることの重要性についてです。

冬場は視線はどうなりやすいと思いますか?

あまり考えたことが無いかもしれませんが、冬場は、視線が下がりやすくなります。

それは身体の本能行動と関係していて、寒くなると外気に触れる部分、いわゆる身体の表面積を丸まったり、四肢を畳むことで減らそうとします。

寒さから身を守ろうと身体の中心に手、足、頭も集まりやすいということは、視線も下がりやすいということです。

実は視線と姿勢の改善には大きな関係があると言われています。

寒くなる冬場だからこそ、視線を上げることを意識しましょう。

視線を上げることで、頭も下がりにくくなり、結果として首肩に対するストレス緩和にも繋がります。

今年も残すところあとわずか、体調管理と、視線が落ちていないかも確認してみましょう!

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.