コラム AWAKES COLUMN

新しい興味 2nd

2021/05/21

こんにちは。

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるコンディショニング、ファンクショナルトレーニング特化型のパーソナルジムAWAKESの正木穂高です。

今回はあるお客様から聞いた職業についてお話をさせて頂きます。

それは「ファイナンシャルプランナー」です。

主な仕事としては顧客である個人から、収支・負債・家族構成・資産状況などのソース提供を受けてそれを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種で略してFPとも呼ばれるそうです。

この仕事をするにあたってやはり重要なのは類い稀ない勉強量による知識力が顧客との関係で必須になり、他のライバルと戦う上でも最も重要なのが知識力と知っていることのキャパシティの広さと仰っておりました。

どんな顧客がくるかわからないし、場合によっては弁護士に相談して裁判に至るケースも稀ではないと仰ってました。

資産運用の問題で家族以外の関係を持っていた人に与えるケースや全く知らない人に与えてくださいと遺言で書く人もいて様々な価値観や思考により、トラブルを起こすことが多々あるそうです。

なので、まずは顧客様の意見や言い分を受け入れた上で提案やアドバイスをしていかないといけないと話されておりました。

このことについては私たちがパーソナルトレーニングをさせて頂く中でも適した場面があるなと気づきました。

お客様が求めているものとトレーナーとしてお客様に求めていることのミスマッチが起こってしまうと関係構築どころか、お互い違った道を進むことになってしまいます。

だからまずは、お客様の意見や要求しているものを受け入れてから自分の意見を述べていき、納得・理解してもらえることが大切だと改めて感じることができました。

身体の機能や能力を高めていく上ではやりたくないことやしんどいことは必要不可欠です。

このことをいかに相手のことを考えて伝えて、的確な判断で強度設定などをしていくかがトレーニングに入っていく中で意識していかないといけないところだと思います。

今後も一つ一つのトレーニングや会話を大切にしていきながら成長に向けて取り組んでいきたいと思います!

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.