コラム AWAKES COLUMN

可動域の重要性

2020/08/03

可動域の重要性

こんにちは!

大阪市西区北堀江、四ツ橋駅・心斎橋駅近くにあるパーソナルトレーニング、ファンクショナルトレーニング特化型のコンディショニングジムAWAKESの岡部です。

Youtubeで腰痛や肩こりについてまとめていると、やはり関節の可動域(動く範囲)が重要だなと感じました。

人間の体には安定するべき関節と動くべき関節に分けられます(joint by joint)。

背骨で例えると、頸椎(首)、腰椎(腰)は安定するべき関節、胸椎(胸)は動くべき関節とされています。

現代ではデスクワークやスマートフォンの普及で背中が丸くなり、胸椎が硬い人が多くなりました。

そして、この胸椎が硬くなるとどうなるかというと、本来動くべき関節の胸椎の動きを首の頸椎、腰の腰椎でカバーしようとしてしまいます。

そうすることで首、腰の負担が大きくなり、首肩こり、腰痛につながります。

なので、本来の関節が持つ役割を果たせるように、関節の可動域を広げたり、安定させる必要があります。

詳しい内容やストレッチ方法はYoutubeにアップしていますのでぜひチェックしてみてください。

コンディショニングトレーニング~腰痛改善編~

https://youtu.be/uULmBbh6OgU

コンディショニングジムAWAKES~腰痛改善編Vol.2~

https://youtu.be/ChNlyfKgCSU

【猫背改善 簡単ストレッチ】人間本来のカラダの使い方に着目!|コンディショニングトレーナーおすすめの背中のアクティブストレッチ

https://youtu.be/Xt2US-5hpOg

pagetopへ

Copyright© AWAKES. All Rights Reserved.Created by Co., Ltd ABABAI.